お客様 各位

いつも弊社へ格別なご高配をいただき厚く感謝申し上げます。

このたび、カスタマと販売店様とのEコマースサービスである「BPM」について、エリアパートナーの募集をさせていただくことになりましたので、ご案内申し上げます。

弊社は、バイオサイエンス業界サプライチェーンの情報プラットフォームを担い、ステークホルダーである、研究者を抱えるカスタマ、試薬等を製造・輸入するメーカー、そして両者をつなぐ皆様販売店の簡易な受発注とそれに基づくマーケティングを推進し、業界全体のスムーズな流通を推進すべく、これまで「DOG」「LDB」「BPM」「OWL」とサービスを展開してまいりました。

DOGは販売店とメーカーの受発注効率化に、LDBはメーカーのマーケティングに、BPMはカスタマと販売店の受発注効率化とカスタマの研究支援に、OWLは販売店の受発注自動化に、それぞれ特長を持っており、これらが組み合わさることで一連のサプライチェーンが輪のようにリンクされ、日本のバイオサイエンス研究の促進が進むものと考えております。

上記の取り組みを推進していくために、BPMの展開エリア(47都道府県のこと)においてご賛同いただける販売店様とエリアパートナー契約を締結させていただき、販売店様とともに展開をしていければと考えております。

エリアパートナーとは、都道府県ごとに一定の枠数を(バイオサイエンス分野における市場規模により)設定し、BPMを展開いただく販売店様のことです。

エリアパートナーになっていただくことのメリットとして、BPM展開いただいたカスタマの購入先をエリアパートナーに固定することができ、カスタマは購入先を考えることなくエリアパートナーへ注文が流れる仕組みとなっております。

カスタマへの展開メリットとしては、注文先に拘らずBPMを利用することで、他の購買システムが不要となるほどの商品カタログラインナップであり、また、今後も予算管理システム、在庫管理システムなどをBPMシステム内で展開するため、使い勝手が飛躍的に向上する予定です。

エリアパートナーでの展開は2020年4月1日にスタートいたします。

3月中にエリアパートナーとなっていただける販売店様につきましては、さらに「フラッグシップパートナー」としてお迎えし、エリア契約料金について特約を締結いただけます。

ご興味がございましたら、弊社までお気軽にご連絡ください。

何卒、よろしくお願い申し上げます。